3大損保、台風災害の保険金1兆円=20年3月期、契約者負担増へ

時事通信 / 2019年11月19日 20時3分

東京海上ホールディングス(HD)など損害保険大手3グループは19日、2019年9月中間連結決算を発表した。台風15、19号など広域の被災が相次ぎ、自然災害による20年3月期通期の保険金支払額は、3グループ合計で1兆円に迫る見通しだ。多発する災害を背景に各社は火災保険料の引き上げを検討しており、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング