ウーバーの安全文化「不十分」=自動運転事故で―米当局

時事通信 / 2019年11月20日 9時20分

【シリコンバレー時事】米運輸安全委員会(NTSB)は19日、配車サービス大手ウーバー・テクノロジーズが起こした自動運転車による歩行者死亡事故について、同社の「不十分な安全文化」が一因になったと結論付けた。サムウォルト委員長は事故について「安全を最優先にしなかった組織による行動・決定の連鎖によってもたらされた」と批判した。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング