ユダヤ入植容認で米孤立際立つ=「違法」と懸念相次ぐ―国連安保理

時事通信 / 2019年11月21日 5時58分

【ニューヨーク時事】国連安全保障理事会は20日、中東情勢に関する会合を開いた。トランプ米政権がイスラエルの占領地ヨルダン川西岸のユダヤ人入植活動を事実上容認したことを受け、安保理は入植活動が違法かつ安保理決議違反と確認する見解の発表を調整したが、米国の異議で発表が見送られた。非常任理事国クウェートなどが明らかにした。パレスチナ問題での米国の孤立が改めて際立った。米政府は18日、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング