日本の譲歩なければ「再考せず」=GSOMIAで韓国外相

時事通信 / 2019年11月21日 15時5分

【ソウル時事】23日午前0時に失効期限を迎える日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)について、韓国の康京和外相は21日、韓国向け輸出管理強化措置で日本側の譲歩がない限り「再考しないというのが現在の韓国の立場だ」と語った。また、失効回避に向け「最後まで努力する」と強調した。国会の外交統一委員会で答弁した。[時事通信社]

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング