「構造赤字」21年度までに撲滅=拠点集約や人件費削減―パナソニック

時事通信 / 2019年11月22日 10時23分

パナソニックの津賀一宏社長は22日、東京都内の記者会見で、「2021年度までに構造的赤字を撲滅する」と述べ、黒字転換の見込めない事業を抜本的に見直す考えを示した。拠点集約や人件費の削減などを進め、計1000億円の利益貢献を目指すという。1000億円の内訳は、赤字事業の見直し400億円、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング