米中対立激化なら「世界大戦」=キッシンジャー氏、北京で警鐘

時事通信 / 2019年11月22日 14時37分

【ワシントン時事】21日の米ブルームバーグ通信によると、キッシンジャー元米国務長官(96)は20日、米中の対立が制御を失えば、世界大戦のような惨事につながる恐れがあると警鐘を鳴らした。北京で開かれた経済フォーラムで語った。キッシンジャー氏は、現在の米中が世界の経済大国として、かつての米国とソ連を上回る存在感を持っていると指摘。貿易や安全保障、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング