小笠原諸島・西之島で噴火か=警戒範囲拡大―気象庁

時事通信 / 2019年12月5日 21時38分

気象庁は5日夜、小笠原諸島・西之島(東京都小笠原村)で噴火が発生した可能性があるとして、火口周辺警報を「火口周辺危険」から「入山危険」に引き上げ、大きな噴石や溶岩流への警戒範囲を「山頂火口から約500メートル以内」から「約1.5キロ以内」に拡大した。海上警報も発表した。気象衛星ひまわり8号による観測で、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング