世銀、対中融資計画を承認=米国の反対押し切る

時事通信 / 2019年12月6日 14時50分

【ワシントン時事】世界銀行は5日、中国に対し、2020年から25年に年10億~15億ドル(約1090億~1600億円)の低利融資を行う計画を承認した。最大出資国の米国が反対したが、世銀は中国の貧困削減や構造改革を後押しするとして、押し切った。ただ世銀は、中国が「中所得国」に成長したため、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング