「逆戻り」と肩落とす=東名あおり二審判決に遺族

時事通信 / 2019年12月6日 15時56分

東名高速道路の「あおり運転」で停止後の車にトラックが追突した一家4人死傷事故で、息子の萩山嘉久さん=当時(45)=を亡くした母文子さん(79)が6日、東京高裁の控訴審判決後に記者会見した。一審判決を破棄し地裁に差し戻す内容に「逆戻りとは。ショックで考えがまとまらない」と肩を落とした。文子さんは「どのくらいの罪になるか、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング