北朝鮮に挑発の中止要求=「エンジン実験を憂慮」―韓国国防相

時事通信 / 2019年12月10日 16時26分

【ソウル時事】韓国の鄭景斗国防相は10日、北朝鮮が7日に「西海衛星発射場」で実施した「非常に重大な実験」について、ミサイルのエンジン実験だったとの見方を示し、「深い憂慮」を表明した。シドニーで開かれたオーストラリアとの外務・防衛担当閣僚協議(2プラス2)の共同記者会見で語った。鄭国防相は北朝鮮に対し、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング