「コメ産地偽装」、名誉毀損認めず=JA側の請求棄却―京都地裁

時事通信 / 2019年12月10日 17時34分

中国産米をブレンドしたコメを国産米として販売していたとする週刊ダイヤモンドの記事で名誉を毀損(きそん)されたとして、JAグループ京都などが発行元のダイヤモンド社(東京)などに計約6億9000万円の損害賠償や謝罪広告掲載を求めた訴訟の判決が10日、京都地裁であり、増森珠美裁判長は請求を棄却した。週刊ダイヤモンドは2017年2月18日号の記事で、独自の検査を基に米卸業者「京山」(京都市)がコメの産地を偽装し販売したと指摘。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング