所得500万円以下対象=未婚のひとり親支援で合意―与党税制協議会

時事通信 / 2019年12月10日 20時52分

自民、公明両党の税制調査会は10日、与党税制協議会を開き、2020年度税制改正の焦点の一つとなっている未婚のひとり親支援について、年間所得が500万円以下の世帯を所得税の軽減対象とすることで合意した。12日に決定する20年度与党税制改正大綱に盛り込む。未婚のひとり親に対する支援策をめぐっては、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング