トヨタ2.1万台リコール=速度計非表示など恐れ

時事通信 / 2019年12月11日 14時45分

トヨタ自動車は11日、速度計などが表示されなくなる恐れがあるなどとして、普通乗用車「プリウス」など13車種計2万1065台(2018年3月~19年9月製造)のリコール(回収・無償修理)を国土交通省に届け出た。国交省によると、プリウスでは速度計や走行距離計などを表示する電気装置の部品で製造時の管理が不適切なため、亀裂が発生しているケースがある。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング