米、中距離弾道ミサイルを実験=INF条約失効で、中ロ反発必至

時事通信 / 2019年12月13日 5時43分

【ワシントン時事】米国防総省は12日、西部カリフォルニア州で、ロシアとの中距離核戦力(INF)全廃条約で規制されていた射程の地上発射型弾道ミサイルの発射実験を実施したと発表した。米国は同条約が8月に失効した直後、地上発射型巡航ミサイルの発射実験を行ったが、弾道ミサイルの実験は今回が初めて。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング