おなかにポッコリふくらみ…「腹部ヘルニア」かも 内臓が壊死して命に関わることも

夕刊フジ / 2017年8月19日 17時12分

【気になるこの症状】薄着、水着の季節。おなかにポッコリふくらみを見つけたら「腹部ヘルニア」かもしれない。立ったり、おなかに力を入れると飛び出して、あおむけに寝ると引っ込むのが特徴。早めに治療しておくことが肝心だ。【年間15万人が治療】おなかの一部分がふくらむのは、弱くなった筋肉(筋膜)の裂け目や隙間から腸などの内臓が飛び出すから。通称「脱腸」とも呼ばれる。腹部ヘルニアに詳しい寺田病院・外科(東京都足立区)の堀孝吏部長が説明する。「腹部ヘルニアは子供の病気に思われがちですが、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング