写真

 7月18日、米上院では、ロシアが米国の選挙に再び介入したと当局が判断すれば直ちに同国の主要経済部門への制裁を発動する法案が、支持を広げている。ただ成立するかどうかは不透明だ。写真はコーニン上院院内幹事。ワシントンで5月に撮影(2018年 ロイター/Leah Millis)

[ワシントン18日ロイター]-米上院では、ロシアが米国の選挙に再び介入したと当局が判断すれば直ちに同国の主要経済部門への制裁を発動する法案が、支持を広げている。ただ成立するかどうかは不透明だ。 共和党のコーニン上院院内幹事は18日、議会内で記者団に、ロシアが11月の中間選挙でも不正な介入を試みようとするのは疑いないとし、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング