写真

 5月19日、トヨタ自動車など計11社は燃料電池車(FCV)の燃料となる水素の充てん設備(水素ステーション)を本格的に整備する新会社の年内設立を検討すると発表した。写真は関西国際空港にある水素ステーションで2008年5月撮影(2017年 ロイター/Yuriko Nakao)

[東京19日ロイター]-トヨタ自動車など計11社は19日、燃料電池車(FCV)の燃料となる水素の充てん設備(水素ステーション)を本格的に整備する新会社の年内設立を検討すると発表した。 新会社は来年4月の事業開始を見込み、2020年度までに国内で水素ステーション約160カ所、FCV4万台の普及を目指す政府目標の達成に向けて取り組む。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング