ローマ法王が「洗足式」、受刑者12人の足洗い口づけ

ロイター / 2019年4月19日 13時3分

[ローマ18日ロイター]-ローマ法王フランシスコ(82)は18日、復活祭前の「聖木曜日」毎年で行われる「洗足式」で、12人の受刑者の足を洗い口づけをした。 この式は、キリストが死の前夜に使徒たちの足を洗い、へりくだる姿勢を示したことを記念して行われている。 歴代法王は洗足式をローマ市内の大聖堂の1つで行い、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング