グアテマラ、「安全な第三国」で米国と合意まだ=内相

ロイター / 2019年6月19日 9時16分

[グアテマラ市18日ロイター]-グアテマラのデゲンハルト内相は18日、同国はまだ、米国への難民申請者にとって「安全な第三国」になることにコミットしていないと述べた。その上で、米国とともに中米からの移民流入を抑制する手段を分析していると明らかにした。 トランプ米大統領は17日のツイッターへの投稿で、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング