米上院、戦争権限決議可決も=大統領に制約、共和党から造反

時事通信 / 2020年1月15日 8時53分

【ワシントン時事】米民主党上院トップのシューマー院内総務は14日、大統領による対イラン軍事攻撃実施に制約を加える決議案について、上院で可決できるとの見通しを示した。上院は与党共和党が過半数を占めているが、共和党議員4人が支持を表明。イラン革命防衛隊の司令官殺害をめぐり、議会に詳細な報告を行わないトランプ政権に対する不満の高まりが鮮明になった形だ。決議案は、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング