日産陰謀「仏大使に聞いた」=ゴーン被告、逮捕後面会で―報道

時事通信 / 2020年1月15日 19時22分

【パリ時事】日産自動車前会長のカルロス・ゴーン被告は14日、フランス紙フィガロなどとのインタビューに応じ、自身が主張する日産による陰謀について、逮捕翌日に面会したピック駐日仏大使から聞かされたと明らかにした。フィガロ紙(電子版)が15日報じた。ゴーン被告は、ピック大使から「日産が反旗を翻している」と言われたと説明。「その時に(逮捕が)陰謀だということを理解した」と述べた。フィガロ紙は「ゴーン事件をめぐる日仏両国の微妙な立場が改めて浮き彫りになった」と指摘した。在日仏大使館広報部は15日、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング