日本、将来の暮らしに悲観的=「良くなる」15%で最低―米調査

時事通信 / 2020年1月20日 14時58分

【ニューヨーク時事】米大手広報会社エデルマンが19日に公表した日米を含む27カ国、香港を対象に行った世論調査で、今後5年間で暮らし向きが「良くなる」との回答が、日本では15%と最も低かった。インドネシア(80%)、中国(69%)で「良くなる」との答えが多かったのに対し、フランス(19%)、ドイツ(23%)など欧州先進国は悲観的だった。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング