新幹線高架橋で耐震性不足=東北・上越の柱367本―診断に誤り、補強工事・JR東

時事通信 / 2020年1月21日 16時25分

JR東日本は21日、東北・上越新幹線の高架橋で、耐震性が不足している柱が計367本確認されたと発表した。同社は2008年5月に優先的に耐震補強をする必要がある柱の工事を完了したと公表していたが、一部で診断を誤り、対象から漏れていたケースがあったという。JR東によると、耐震性が不足している柱が見つかった主な区間と本数は、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング