「公判数年先で逃亡」=出版計画の元検事に明かす―ゴーン被告

時事通信 / 2020年1月22日 15時18分

日産自動車の前会長カルロス・ゴーン被告(65)とレバノン逃亡後に連絡を取った元検事の郷原信郎弁護士が22日、日本外国特派員協会(東京都千代田区)で記者会見した。郷原氏によると、同被告は逃亡した理由について、「特別背任事件の初公判が数年先になる見通しで、公判開始まで妻や息子と会えないため」などと説明したという。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング