感染規模「SARSの10倍も」=新型肺炎で香港研究者

時事通信 / 2020年1月23日 20時27分

【香港時事】中国湖北省武漢市を中心に多発している新型肺炎について、香港メディアなどは23日、感染症の権威である管軼香港大教授が「感染規模は2003年に大流行した重症急性呼吸器症候群(SARS)の10倍以上だろう」と述べたと報じた。管氏はSARSの感染源特定に成功したことで知られる。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング