新型肺炎で駐在員の帰国相次ぎ決定=武漢進出の日本企業―中国事業に打撃も

時事通信 / 2020年1月27日 18時22分

中国・武漢市で発生した新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を受け、現地滞在中の社員や家族の退避を決める日本企業が相次いでいる。日本政府が同市在留の邦人の希望者全員について、チャーター機などで帰国させる方針を示したためだ。現地の混乱が長期化すれば、進出企業の中国事業に打撃を与える懸念がある。武漢市に工場を持つホンダは、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング