中国・武漢の感染拡大止まらず=初動の遅れ、国に責任転嫁も―新型肺炎

時事通信 / 2020年1月28日 20時54分

【北京時事】取り残された日本人を退避させるため日本政府が28日にチャーター機を送った中国湖北省武漢市では、新型コロナウイルスによる肺炎患者と死者の増加が止まっていない。一方で、市の当局者からは情報公開をはじめとする初動の遅れの責任を国に転嫁する異例の発言が出るなど、中国当局の足並みの乱れも露呈している。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング