賃上げ重視か意欲向上か=労使の温度差浮き彫り―20年春闘

時事通信 / 2020年1月28日 16時27分

経団連の中西宏明会長と連合の神津里季生会長は28日、東京都内で会談し、2020年春闘が始まった。中西氏は「働く人の生き方と企業の方向が合致して力を出していかないと、日本経済は活性化しない」と述べ、働く意欲を高める仕組みづくりなど労働環境の整備が必要だと指摘。これに対し、神津氏は「賃上げのうねりは社会全体のものになっていない」と格差是正に向けた賃金改善を求め、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング