チャーター機、午前派遣を延期=新型肺炎で邦人退避―政府

時事通信 / 2020年1月28日 10時54分

政府は28日、新型コロナウイルスによる肺炎が拡大する中国湖北省武漢市に取り残された日本人の退避に向け、準備を進めた。ただ、現地空港への発着をめぐり、中国側との調整が長引いており、同日午前に予定していた民間チャーター機の出発は延期された。政府は希望者全員の早期帰国を目指し、調整を急ぐ。茂木敏充外相は28日午前の衆院予算委員会で「日本に帰国を希望される方が一日も早く帰国できるように今、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング