民主の切り崩し激化=ボルトン氏証言、共和「阻止票足りず」―米弾劾裁判

時事通信 / 2020年1月29日 15時45分

【ワシントン時事】トランプ米大統領の弾劾裁判で焦点となるボルトン前大統領補佐官の証言実現に向け、与党共和党議員に対する民主党の切り崩しが28日、激化した。米メディアによると、共和党上院トップのマコネル院内総務は、党内の会議で「阻止するための票はまだ十分でない」と明らかにした。53人いる共和党議員のうち4人が賛成に回れば証言に道が開かれる。マコネル氏ら指導部は28日、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング