チャーター機第2便派遣=30日に政府対策本部―帰国希望増加、第3便も・新型肺炎

時事通信 / 2020年1月29日 22時28分

政府は29日夜、新型コロナウイルスによる肺炎が広がる中国湖北省から在留邦人を退避させるため、チャーター機の第2便を武漢空港に向けて派遣した。ウイルスの感染拡大阻止を目指し、安倍晋三首相を本部長とする対策本部を設置し、30日に初会合を開く方針だ。29日に日本に戻った第1便では邦人206人が帰国。第2便にも200人程度が搭乗する見通しだ。ただ、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング