保守系議員、中国支援金応ぜず=自民

時事通信 / 2020年2月14日 12時21分

自民党の青山繁晴参院議員は14日、国会内で二階俊博幹事長と会い、党所属国会議員から1人5000円ずつ集めて新型コロナウイルス対応に当たる中国政府への支援金に充てるとの執行部方針に反対する意向を示した。青山氏は各議員の判断に委ねるべきだと主張、二階氏は「あくまで任意だ」と応じた。青山氏は拠出しない方針だ。青山氏は党の保守派でつくる「日本の尊厳と国益を護(まも)る会」の代表幹事を務め、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング