東芝、子会社で架空売り上げ435億円=不適切会計、1部復帰に影響も

時事通信 / 2020年2月14日 19時36分

東芝は14日、連結子会社の東芝ITサービス(川崎市)で発覚した架空取引に関する社内調査報告書を公表した。書類上の取引のみで売り上げを計上する「循環取引」は計26件、売上高で435億円に上った。東芝は2015年の巨額の不正会計問題で経営危機に陥った経緯があり、東証1部への早期復帰を目指す中、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング