自民党の河井克行前法相(57)の妻、案里参院議員(46)=広島選挙区=の陣営をめぐる選挙違反事件で、広島地裁は26日、公選法違反(運動員買収)罪で起訴された案里氏の公設第2秘書、立道浩被告(54)の保釈を認める決定をした。保釈保証金は400万円。検察側は決定を不服として準抗告した。地裁が改めて可否の判断を示すまで保釈されない。共に起訴された克行氏の政策秘書高谷真介被告(43)は、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング