バチカン元幹部、逆転無罪=少年への性的虐待―豪最高裁

時事通信 / 2020年4月7日 11時44分

【シドニー時事】オーストラリア最高裁は7日、同国で未成年者に対して性的虐待を加えた罪に問われたバチカン(ローマ教皇庁)元幹部の枢機卿ジョージ・ペル被告の上告審で、一、二審の実刑判決を破棄し、逆転無罪を言い渡した。地元テレビによると、収監されていたペル枢機卿は釈放された。最高裁は判決理由として「陪審が被告の罪に対して疑念を抱いていたはずだ」と指摘した。豪州出身のペル枢機卿は、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング