広がる役員報酬減額=松屋など、コロナで業績悪化

時事通信 / 2020年5月28日 19時59分

百貨店の松屋は28日、取締役などの役員報酬を減額すると発表した。新型コロナウイルス対策のため店舗を休業し、業績が悪化したことを受けた措置。12人が対象で、6月から11月までの6カ月間、月額報酬の20%を減らす。リンガーハットや東宝も役員報酬の減額を決定。東宝は理由について「厳しい状況を真摯(しんし)に受け止め、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング