日産、7000億円調達=人員削減規模は答えず―コロナ対応

時事通信 / 2020年5月28日 21時28分

日産自動車の内田誠社長兼最高経営責任者(CEO)は28日の決算記者会見で、4~5月にかけて取引金融機関から約7000億円を調達したと明らかにした。新型コロナウイルス流行を受け、手元資金を積み増した。1兆3000億円の融資枠もあり、「危機対応に十分な資金を確保できている」と語った。日産の2020年3月期末時点での現金と預金の合計は約1兆6400億円。一方、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング