容疑者、記憶に薄れ=入院の長期化影響か―京アニ放火

時事通信 / 2020年5月30日 18時6分

京都アニメーション第1スタジオ(京都市伏見区)の放火殺人事件で、殺人容疑で逮捕された青葉真司容疑者(42)の事件当時の記憶が一部、薄れていることが30日、捜査関係者への取材で分かった。入院長期化の影響もあるとみられ、捜査員とのやりとりの中でようやく思い出す場面もあるという。京都府警は当時の状況を詳細に裏付けるなどして、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング