駐留米軍職員の人件費で合意=韓国人の無給休職解消―米韓

時事通信 / 2020年6月3日 10時54分

【ワシントン時事】米国防総省は2日、在韓米軍で働く韓国人職員の人件費について、2020年末まで韓国政府が全額を負担することで合意したと発表した。韓国側負担額は2億ドル(約220億円)以上になる見通し。在韓米軍駐留経費の韓国側負担をめぐっては、トランプ政権が大幅な負担増を要求。交渉が難航したまま経費負担を定める「防衛費分担特別協定(SMA)」は期限切れを迎え、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング