「中抜き」批判の委託費、850億円=1次補正上回る―持続化給付金

時事通信 / 2020年6月3日 21時2分

新型コロナウイルス対策の中小・零細事業者向け「持続化給付金」をめぐり、政府が2020年度第2次補正予算案で業務委託費として約850億円を見積もっていることが3日、分かった。立憲民主党など野党は1次補正の委託費769億円について、委託先法人の実態が不透明で公金が流用されかねないなどと「中抜き」批判を展開。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング