大阪の旅行会社倒産=負債278億円、コロナ関連で最大

時事通信 / 2020年6月30日 21時4分

帝国データバンクなどによると、旅行代理店ホワイト・ベアーファミリー(大阪市)は30日、新型コロナウイルスの影響による旅行需要の激減が響き、大阪地裁に民事再生法の適用を申請した。負債額約278億円はコロナ関連倒産で最大で、旅行業としても過去最大。事業継続に向け、星野リゾート(長野県軽井沢町)を支援先とする基本合意を結んだ。新規申し込みなど旅行事業を継続し、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング