【ワシントン時事】米国立アレルギー感染症研究所のファウチ所長は30日、上院委員会の公聴会で証言し、米国内で再び増加している新型コロナウイルスの新規感染者が「現在の1日当たり4万人超から10万人超に増えても驚かない」と警鐘を鳴らした。ファウチ氏は米政府の新型コロナ対策本部に参加する感染症の権威。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング