「見慣れた景色、一変」=迫る濁流、山肌あらわ―救助待ち、震える避難者・熊本

時事通信 / 2020年7月4日 19時50分

熊本、鹿児島両県の一部に大雨特別警報が出た4日、熊本県では球磨川が氾濫し、濁流が周囲の住宅をのみ込んだ。「ザーッ」と鳴り響く土砂崩れの音。「死を覚悟した」「景色が一変した」。辛うじて逃げ延びた被災者は「こんなことになるなんて」と声を震わせた。芦北町女島の70代女性は、午前5時ごろ「ザーッ」という大きな音を聞いた。裏手が山だった近所の家が土砂崩れに巻き込まれたといい、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング