「助かった」無事に安堵=1階浸水、車立ち往生―福岡・大牟田

時事通信 / 2020年7月8日 17時2分

豪雨に見舞われた福岡県大牟田市では8日、避難所や自宅の2階などで過ごした住民らが「助かった」「危なかったよ」と無事を確認し合った。市内は連日の大雨から一転し快晴となったが、崩れたブロック塀や立ち往生する車が、押し寄せた水の威力を物語っていた。市内では2人が死亡した。うち1人の死者が出た同市上屋敷町では、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング