対米関係、「最も深刻」=中国外相

時事通信 / 2020年7月9日 12時56分

【北京時事】中国外務省によると、王毅国務委員兼外相は9日、北京で開かれた討論会であいさつし、米国との関係について「国交樹立以来、最も深刻な挑戦に直面している」と述べた。王氏は「われわれには自らの主権を守る権利がある」と語り、香港問題など主権をめぐる問題で米国に譲歩しない姿勢を改めて鮮明にした。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング