ホンダ、中国電池大手に出資=600億円、提携強化

時事通信 / 2020年7月10日 20時51分

ホンダは10日、中国の車載電池大手「寧徳時代新能源科技(CATL)」に約1%出資したと発表した。同社の第三者割当増資を引き受けた。出資額は非公表だが、約600億円とみられる。両社は昨年、業務提携した。電気自動車(EV)やプラグインハイブリッド車(PHV)向けのリチウムイオン電池を共同開発しており、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング