新型コロナ、「感染状況の注視必要」=厚労省助言組織が会合

時事通信 / 2020年7月14日 22時42分

新型コロナウイルス対策などを助言する厚生労働省の専門家組織「アドバイザリーボード」の会合が14日、東京都内で開かれ、都内などで感染経路不明のケースが増えているとして、「感染状況を引き続き注意深く見ていくことが必要」との見解をまとめた。感染の拡大状況は3月末~4月よりは緩やかと分析。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング