由伸監督のノックに「歓喜の物語」の序章を見た

スポーツ報知 / 2017年2月28日 16時0分

いい写真の条件とは何か。「読むべき物語がある」と読売新聞夕刊のコラムに寄せていたのは「暮らしの手帖」編集長を務めた松浦弥太郎氏だ。写真で物語を表現するのは難しい。見る者の想像をかき立てるというよりは読者にわかりやすく、ダイレクトに伝えなければいけないのが新聞だ。この日の出来事も紙面では実に10枚もの写真を使っていた。コラムの中で写真とは読むもの、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング