奮闘ぶりが映画に、嘱託警察犬「きな子」死ぬ

読売新聞 / 2017年3月20日 21時54分

香川県警の嘱託警察犬として、奮闘ぶりが映画やドラマになったラブラドルレトリバー「きな子」(雌、14歳)が20日、老衰のため、同県丸亀市の丸亀警察犬訓練所で死んだ。 訓練所によると、きな子は2004年から警察犬の選考試験に挑戦。何度落ちても、懸命に訓練に励む姿が話題となり、10年夏、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング