原発避難いじめ、当時の校長ら謝罪…横浜市立小

読売新聞 / 2017年3月25日 10時39分

2011年の東京電力福島第一原発事故後に福島県から避難した男子生徒(13)が、転校先の横浜市立小でいじめを受けた問題で、当時の校長らが24日、いじめの発覚後初めて生徒に謝罪した。 当時の校長や副校長、担任教諭のほか、市教育委員会の出先機関の責任者ら5人が、生徒と両親に同市内で面会した。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング